【いつまで生きるつもりですか】

自問自答することがある。

「お前は、いつまで生きるつもりなんだい?」

   

あ、違うよ
早くシンでしまいなさい という意味ではなく(^^;;

永遠に生きられると思ってるの?
   という自戒の意味を込めて。



昨日 久しぶりの友人と食事をしました。
語った、語った!

そこで言われたのが
「こんなに "死" について語る人は初めてだし
そんなこと話すのは、いままでタブーだと思ってた」

ホスピタルクラウンの仲間達とは
わりかし普通に話せる話題だったし
自分の考えの根底には なんとなくそれがあったから
かなり驚きでした。


ただ、私が特別普段から命の終わりをすごく意識して生きてるかというと
別にそうでもなくて
むしろ、平均よりも のほほ〜んとしてるかもしれない。

それは、夏休みの宿題を
       もう8月だからやらなきゃ!
と思うか


1週間前にお尻に火がつくか
前日に泣きながらやるか という性格の違いで

 


私は、後ろが崖だと思わないと動かない性質なので
子どもの頃から 人の死 を見つめさせられてきたのかもしれない。




自分の死のことについて考えたことがなかったという友人に
「いつまで生きるつもり?」って聞いたら

ニッコリ笑って「120歳まで!」というので
ちょっぴりイタズラ心が芽生えて

 

「だから、そのペースなんだね(^-^)」って言ったら

 

ドキッとしてた。

 



いえいえ
彼女は、コーチとして 自らも常に苦手なことにもチャレンジしていて
行動を通して私の背中を押してくれる、とても尊敬する友人ですよ (o^^o)


 

 f:id:ikasare:20170622113421j:image


ところで
あなたはどうですか?

死(暗がり)に光を当てたら
何が見えるんだろうね。



========

〜命を感じて生を考える〜
臨死体験セッション】

※ 8月より開始します。

 

 

 

【ロサダ比ってご存知ですか?】

父の日 なのに夫が作ったカレーにご満悦❤️


f:id:ikasare:20170620172042j:image


午前中は、前から行きたかった場所で大好きな友人とエネルギーチャージ。
午後は、月1回の濃密な学びの日でした。

そこで、とても興味深く心に残るお話を聞きました。


ロサダ比ってご存知ですか?


この「ロサダ比」というのは
アメリカの心理学者 マーシャル・ロサダ氏が

コミュニケーションの中で使用された言葉の
ポジティブ要素とネガティブ要素の比率と
パフォーマンスの関係を調べた研究結果で

ハイパフォーマンスを出すチームでは
ポジティブ要素とネガティブ要素の割合が 「 6:1 」

さらに、個人が有効な人間関係を築き 幸せを感じたり
ハイパフォーマンスを出すには
ポジティブな感情とネガティブな感情の割合が
「 3:1 」になっているそうです。


ここで面白いなぁと感じたのは、ネガティブな要素も必要だということ。

人の 内面から、すべてのネガティブ要素を排除することは難しいけれど
対人的な対応であれば 、努力すれば完全ポジティブに振る舞うことはできるかもしれない。
それを心がけることってありませんか?

しかし、それよりもスパイスのようにネガティブを効かせた方が
人間関係が良好になるらしいのです。

ポジティブの割合は
可能性としては、13:1 まではできるけれども
そこまで高いと、関係が「なあなあ」になるそうです。

確かに、ただただ褒められるだけでは、物足りなさを感じてしまって
成長意欲を刺激されないかも。

この割合を、意図的に配分できるようになれば
とても言いにくいことを伝えなければならない場合などにも
ポジティブな要素をうまく組み合わせることによって
相手の懐に落としやすくなりそうですね。
ますます良好な人間関係を築けそうです。


自己診断ができるサイトを見つけたので、早速 測定してみました。
http://www.positivityratio.com/single.php

一昨日〜昨日の診断結果は 9:3
3:1 なので まずまず良好。

午前中の楽しいアーシングも良かったかな?


f:id:ikasare:20170620171945j:image

 

夫に
「 父の日なのにご飯 作ってもらっちゃって、ゴメンね〜❤️ 」と
にっこり笑顔で言えちゃったのも
嬉しい(ポジティブ)3:悪いな(ネガティブ) 1 くらいだったかも〜(//∇//)

 



何度か測定してみると、
自分の感情の割合が 感覚的に分かるようになりそうですよ!

 

※※※※※

お茶会 やります!

【自分LOVE ❤️ お茶会】
〜 自分と仲良くなると人生が うまく回りだす 〜

自分と仲良しになって
自分からも周りからも愛されましょう♪

 

7月 2日(日)14:00〜16:00
7月21日(金)14:00〜16:00

 

詳細は後日告知します。

※※※※※

 

 

自分と仲良くなる

昔、こんな会話で大笑いしたことがありました。

 

それは
「 おーい、そこのバカ!」と後ろから言われたら
振り向くか振り向かないか。


当時の私は、むちゃむちゃ 振り向く派 (≧∀≦)
これって、自己肯定感がかなり低いです。

 

 

「アイスミルクティのお客様は〜?」に はーいと答えるのとは訳が違う。
自ら、私はバカで〜す!と名乗り出るようなものよ!?


自己肯定感が低い人(場合) 、大抵 誰かに認められることで
自分の価値をあげようとするので、頑張り屋さんな人が多い。

そういうのが必要なときもあるけれど
" 足りない部分 " にフォーカスしているから
いつまでも満足することがないのです。

悲しいかな、人はフォーカスするものを引寄せてしまうのですね。

最近、私に好意を持ってくださる人が増えたように感じます。
(あくまでも私の感覚なので、事実は不明です!(^◇^;)
でも、人との関わりが気楽で楽しい〜♫


何故そう思うようになったか、知りたい人いますか 〜??(^-^)




私が私を LOVE❤️ になったから! (//∇//) キャー




実は、セルフイメージが
そのまま現実に反映されるんですよ。

不思議なこの世のしくみ♫




セルフイメージを変えたい人、いますか?
自分とLOVE❤️になりたい人、いますか?
素の自分を出したら
人とうまく付き合えないと思ってる人は、どこ〜?


一緒に、どうしたら自分と仲良くなれるか?な
話題で盛り上がりませんか?

7月 2日(日)14:00〜16:00
7月21日(金)14:00〜16:00

お茶会をやります(o^^o)



先日、クライアントさんから頂いたメッセージです。
自分が打ち込めること、使命を探したいと継続セッションを
受けてくださっていました。

このタイミングで、まさに 自分と繋がる ということに
氣がついてくれました。


ーーーー
ご指摘ありがとうございます。
振り返ると、いただく課題が都合が悪くて ただ逃げていました。

〜 略 〜

・・・はたと氣付きました。
使命探しは、実は仕事から離れた時の不安から、何かをしなければいけないという焦りの氣持でした。自分を認めてい無いから先の自分の在り方が不安なのだ、先ず自分で自分を認める事ですよね。また頭で考える傾向が強いので、深い自分との繋がりが出来てない事も 問題と改めて思います。

※ 転載承認済
ーーーー


純粋に貢献したいという思いで模索しているように思っていても
実は
「 人の役に立たないと価値がない」と 思い込んでいる自分が
仮面を被っていることもあるのです。


存在意義のような根本の部分に完璧さを求め
足りないと思うものを補おうとする行為は
人を疲弊させます。


自分と仲良しになって(価値を認めて)
自分からも周りからも愛されましょう♪


自分LOVE ❤️ お茶会
〜 自分と仲良くなると人生が うまく回りだす 〜

詳細は、また後日 告知します(^з^)-☆

 

f:id:ikasare:20170620001402j:image

 

自分らしさを取り戻す方法

嫌いな人、いますか?

許せないと思っていること、ありますか?

怒りたいのにガマンしていませんか?

  

  

私の周りの人

みんな本当に優しい人が多い。

でも、対人関係で悩んでいたりするんですよね。

 

これを読んでくださっているあなたも

そうじゃないですか?(^ー^)

 

よくよく話を伺うと

「イヤだなぁって思うんだけど、キライになっちゃいけない」

「感じ悪いこと言われるんだけど、悪い人じゃないから」

「酷いなぁと思うけど私の方が悪いんだ」

 

なんて、自分の感情を押し殺して

いいようにいいように解釈しようとしていて

心の中はいつまでも

悶々、モヤモヤしてるんですね。

 

 

ね?なんでそんなにガマンしてるの?

・・・だって、ポジティブに考えれば、いつか良くなると思って。。。。

 

それ、逆効果ですから〜!

 

 

 

イヤだなぁって思ったんでしょ?

感じ悪いこと言われたんでしょ?

酷いことされたんでしょ?

       悲しい。悔しい。寂しい。辛い。

そんな感情を無かったことにするから腹が立つ。

 

そして、そんな自分を見ないようにするから

自分に自信が持てなかったり

自分で自分を認められなかったりして

どんどん自分らしさを失っていき

人生思い通りにならなくなっていく。

 

 

 

嬉しい。楽しい。気持ちいい。も

悲しい。悔しい。寂しい。辛い。も

感情という純粋なエネルギー。

 

感情は、人に備わった

自分を知るための大切なバロメーターだから

思いっきり感じてみる。

 

出てきた感情を 全部そのまま全力で感じること

これぞポジティブ!

 

思い存分泣くのも

思い存分笑うのも

生物的には同じ自然な反応だよね。

腹が立ったら怒ってもいいんだよ!!!

(怒りが次々に出てくるのは、今まで溜めてた分が出てきている可能性が高いので

ヒーリングやカウンセリング、コーチングを受けてみることをお勧めします。)

 

 

以前 クライアントさんに

相手のイヤなところを全部書き出してみたら?ってやってもらったら

「私、こんなに嫌いだったなんて知りませんでした!」って(^-^)

 

マイナスの感情を抑えて

なかったことにしているのが

最もネガティブな行為だね。

 

 

感情を感じきったら

その後どうしたいかは、自分が知っているよ。

逆らわずに従ってあげましょう。

 

それがうまくいく秘訣❤️

 

 

 

 

 

本当に大切なこと、伝えたいこと

~ 先立つ者の思い ~


保育園から中学校、住んでる地区や子供会まで
ずっと一緒のくされ縁。

私が田舎を離れた後も
帰省した時の
お墓参りとか
近くのスーパーだとかで
なぜかバッタリと出会う。
不思議と縁がある奴だった。


商売をやっていたからか
田舎の友人の中では珍しくFBをやっていて

それで繋がったことがきっかけで
いつからか、帰省の際には必ず訪ねるようになった。

そして

彼が肺癌の再発で入院したのを知ったのもFBだった。



自分よりも先に周りの人を気遣う人で
病気のことは同級生の殆ど誰にも知らせず
仕事を最優先にしながら闘病していた。


病気になってしまった不甲斐ない自分を責め
自分を苦しめる病気を憎んでいるように見えた。

 

彼は
実家の酒屋を一緒に切り盛りしている母親を
ひとり残して先に逝く訳にはいかないと

思っていたのだろう。

  

「はよ(早く)治らんとあかんのや」
が口癖だった。

 


8月、大阪で用ができた際
田舎まで足を伸ばして彼を見舞った。

  

病気が随分と進行しているようで

それまでとは様子が違っていて
気弱で妙に涙もろく

  
「来てくれてありがとう」と泣き
「かあちゃんの事が心配」と泣いた。

 

 

翌月 名古屋に用事ができた際に
田舎の福井まで、往復2時間のトンボ返りだけど
少しでも顔を見たいと行くことにした。

 

病院は駅からすぐの場所だから
1時間は居られるかな。
そんなことを思いながら向かっている途中に
友人から
彼が亡くなったと連絡が入った。

 

 

 

失望のなか
とにかく、とにかく顔だけは見に行きたい。

彼の自宅まではローカル線に乗り継がなくてはならない。
とにかく一目、10分でもいいからと必死の思いで

彼の自宅に向かった。

 


田舎の無人駅で待っててくれていたのは
私の母だった。


家には帰れないけどと
念のために連絡を入れていた妹から事情を聞いて
駅で待っていてくれたのだった。

母の顔を見た瞬間
張り詰めた気持ちが緩んで
どっと涙が溢れてきた。

 


結局、彼のご遺体とは会えなかった。

いつも訪ねていた酒屋が住まいではなかったようで
弟さんのお家に運ばれていたらしく
それを知らなかった私は

どこにいったら良いか途方にくれ


トンボ返りで名古屋に戻る次の電車の時間まで
母と30分ほど 無人駅で過ごした。

母とは半年ぶりの再会だった。

一人お母さんを残して逝ってしまった彼の

心残りを感じながら

久しぶりに会った母との時間は

短いながら温かい時間だった。


戻りの電車で気がついたことがある。
母と過ごした時間は
きっと彼からのプレゼントだったのだと。

8月に会ったときに
「俺のことはいいから
かあちゃんのこと 大事にしてくれ」と

何度もに言っていたのを思い出した。

 

もっと親孝行したかったのだろうな。

 

そして

ちっとも親孝行ができていない私への

彼からのメッセージだな。

 

f:id:ikasare:20170613134402j:image

先逝く人からのギフト

 

もう20年近くまえ

ちょうど今くらいの
風が気持ちいい季節のころ

よっちゃんが
もう長くないらしいと連絡をもらった。


私は、妊娠を機に会社を辞めたのだが
調子が良くなく安静が必要になったため
田舎に戻っているうちに
元の同僚だった よっちゃんとは
音信不通になってしまった。


胃癌が見つかって
闘病中に
すべての友人と連絡を断ったのだと
後に弟さんから教えてもらった。


それでも
もう長くは生きられないという時に
会いたいらしいと連絡をくれたのだった。

   

      

  


どうしてあれほどまでに
怖かったのか。



くりくりした瞳
ぽっちゃりした頬
コロコロ笑う
しゃべりながら
下唇を舐めるクセ

そんな よっちゃんが

駆けつけた時には
呼吸をしているのが不自然なくらい
痩せほそっていた。

 

      

その頃の私は
死の影がすぐそこまで迫っている人と
接した経験がなかった。

見る影もなく変わってしまったことが
なのか
明らかに死期が迫っていると感じることなのか

理由は分からないけれど
とにかく怖くて目を背けたかった。



でも
大好きなよっちゃんが
いなくなってしまう前に
何かしてあげたい。

けど
何をしていいか分からない。

怖くて側にいたくない。
でも
会いに行かずにはいられない。

まだオムツが外れない息子を
伯母に頼み込んで預かってもらい
足を運んだ。



行くだけ行って何もできず
ただ手を握って顔を眺める。
乾いた唇が痛々しい。

たまに来る看護師は
感情を見せない。

窓から さらさらと入ってくる 風だけが
優しかった。






ボブのウィッグと赤い口紅が
以前の可愛らしい よっちゃん を
思い出させた。

最期のお別れは辛すぎて
どうしても
お葬式には行けなかった。


30歳そこそこで逝ってしまった。
心残り、あったのだろうな。


彼女との最期の関わりは
その後の私の人生に
大きな影響を与えてくれた。


ホスピスやホスピタルクラウンの活動に
関わりや意識が向くようになったのは
彼女に何もしてあげられなかった後悔から。

間違いなく
私をそこに導いてくれた。
彼女からの大きなギフト。



よっちゃんは?
最期まで自分らしく生きられたのかな。


風は目に見えないけど
風の軌道は見えるね。

 

 

f:id:ikasare:20170603132104j:image

五感を研ぎ澄まして直感を磨く

前々回の投稿で

「自分に必要なものとそうでないものは
(物に関わらず事とかもね)
自分の身体が知っている
と書きました。

 

自然と自然な生き方

http://ikasare.hatenablog.com/entry/2017/05/31/170139



それについて思ったのだけど
自分の答えに気がつくには
やはり「直感」が研ぎ澄まされていることだなと。

直感って
結局は本当の自分の声なんだよね。
潜在意識からの声とでもいうか。


直感が鋭くなってくると
必要か必要ではないか だけでなく
タイミングとか
シンクロの読み解き方もうまくなる。

 

f:id:ikasare:20170602202321j:image


ところで
ご飯を食べている時のこと
ちょっと思い出してもらえる?

考え事してる?
会話に夢中?
メールチェック?
スマホでゲーム?
テレビ見てる?

「食べる」という行為は
自分と繋がるという行為。

余談だけど
不安感が強い人は安心感を得るために
知らず知らずのうちに自分と繋がれる
「食べる」行為に依存して
太ってしまうこともある。

話が逸れました。

要は「食べる」行為から
自分と繋がる。


目の前の食べ物の色やツヤ、形
美味しそう?
口に含んだ食感
噛んだ時の感覚
味や匂い
鼻に抜ける香り
湧いてくる感情

 

f:id:ikasare:20170602202342j:image

感覚を丁寧に感じると

五感が鋭くなってくる。


そして

直感力が磨かれる。

 

 

あとね
こんな風にご飯を食べると
シアワセ感が半端ないの〜(≧∇≦)

 

 

今度さ

一人でご飯を食べるチャンスがあったら
やってみて!

 

スマホよりも
楽しいよ( ´ ▽ ` )ノ